蓮田「宵イ茶屋文庫」線路沿いのアパートにはいる素敵なブックカフェをレポート

※当サイトではアフィリエイト・アドセンス広告を利用しています

今回は埼玉県の蓮田市にあるブックカフェ宵イ茶屋文庫を訪れてきましたので、その模様をレポートしたいと思います。

スポンサーリンク

1.蓮田駅からすぐのところにできた素敵すぎるブックカフェを訪問

先日は埼玉県の岩槻区にあるブックカフェniwasaki cafe いわさ喜を訪れたときのレポートを書きましたが、せっかくなので他の埼玉の魅力的なブックカフェも体験したいと思い訪れたのが今回紹介する宵イ茶屋文庫(ヨイチャヤブンコ)です。
関連記事
・岩槻「niwasaki cafe いわさ喜」古民家を改修したブックカフェをレポート

宵イ茶屋文庫は、さいたま市の北側に隣接する蓮田市にあるブックカフェ。

宵イ茶屋文庫の入口

宵イ茶屋文庫のある蓮田駅はJR宇都宮線の大宮駅と久喜駅のちょうど中間地点にある駅で、大宮駅から10分ちょっとのところにある駅です。

蓮田駅の西口をでて、駅前再開発でできたマンションの横道通った先の線路沿いに5分ほど歩くと今回の目的地である宵イ茶屋文庫に到着です。

宵イ茶屋文庫

このブックカフェは、線路沿いに建つ集合住宅の1階のスペースを改修してつくられていて、オープンしたのは2022年と比較的新しいブックカフェです。

お店の入口に近づくと大きな白い暖簾と、錆加工がされた看板がお出迎えしてくれます。

元々このアパートは1980年代に建てられた木造アパートでした。
お隣の店舗は焼き鳥居酒屋の看板が取り付けられていて、新旧の店舗の対比が面白かったです。

宵イ茶屋文庫のメニュー

お店の入口にはメニューと営業日のカレンダーが置かれています。
シンプルですが、こうしたちょっとしたアイテムも素敵な装いです。

2.スタイリッシュだけれどどこか落ち着く素敵な内装に注目

店内は中央にあるボックス状の壁を取り囲むようにロの字型に通路が配置されていて、奥が注文カウンターになっています。

この中央のボックスは、正面が棚に向かって左側が壁掛けの本棚、向かって右側がペアで座れるテーブル席になっています。

宵イ茶屋文庫

ちなみに中はお手洗い、裏側は返却棚となっていて、4周+内部で異なった様々な役割を担っています。

このボックスがあることで、店内は回廊状の動線と本棚スペースがぐるりと一周分生み出されていて、実際の店舗面積以上の広がりを感じます。
通路の幅が狭くなっている分、それぞれの座席にはちょっとしたパーソナルスペース感がでていて、集中して本を読めるようにデザインされているのも注目ポイントです。

私が訪れたのは週末の土曜日でしたが、先客は2名のお客さんがいました。
店内の座席数は多くはないのですが、一人席が多く配置されているので一人でも入りやすい雰囲気です。

実際私が訪れていた時間帯は、他の人はすべて一人で訪れていて、皆思い思いの時間を過ごしているようでした。
テーブル席は2名用なので大人数で訪れるのには向かなそうですが、1人〜2人で静かに過ごしたい人にはピッタリです。

宵イ茶屋文庫

また、店内のインテリアは落ちついたベージュを基調にデザインされてるので、スタイリッシュな内装ながらどこか落ち着く雰囲気を感じます。

私も関東を中心にいろいろなブックカフェを訪れましたが、都内を除いた関東圏では一番スタイリッシュなデザインのブックカフェといっても過言ではないとても素敵な内装でした。

3.可愛いおやつを食べながら本を読む至福のひと時を堪能

宵イ茶屋文庫のメニューは、主にケーキやドーナッツなどの軽食とドリンクメニュー。
この日はちょうどおやつの時間帯だったのでロールケーキカフェオレを注文しました。

宵イ茶屋文庫のロールケーキ

ロールケーキは季節によってフルーツのチョイスが変わるそうで、この日は桃とプラムのロールケーキでした。

ロールケーキは見た目も可愛くて、まったり本を読みながら食べるのにもピッタリでした。

宵イ茶屋文庫のロールケーキ

ちなみにメニューは他にもプリンがあったり、和風サンドイッチがあったので、今度訪れる時には違うメニューも味わってみたいと思います。

店内には本屋さんやカフェに関連した本を中心に店主さんがチョイスした様々な本が並びます。

この日は全国の本屋さんを可愛いイラストと共に紹介した「定本 本屋図鑑」をチョイス。
表紙の紀伊國屋書店新宿本店は、本屋さんとしても有名ですが、建築のデザインをモダニズム建築の巨匠前川國男が手掛けたことで知られる本屋さん。

巨大な本棚のようにも見えるこの建物は、東京都選定歴史的建造物にも選定されていて、建築好きの私は思わず手に取ってしまいました。

紀伊國屋書店新宿本店以外にも本の中で紹介している他の本屋はさんはどれも個性的で、それぞれの歴史と魅力が伝わってきてとても面白い本でした。

シンプルだけれどとても上質で豊かな時間を味わって、この日の本棚巡りも大満足のものとなりました。
とっても素敵なブックカフェですので、皆さんも機会があれば是非訪れてみて下さいね。

ちなみに埼玉県のおススメカフェについてはこちらの記事にてレポートしていますので、興味のある方は是非併せてご覧ください。
関連記事
・埼玉県のオススメのブックカフェ7選を本好きがレポート


【おススメの一冊本レコメンド】

タイトルも作者も忘れてしまっても、物語の肝心なところは、忘れようにも忘れられない。そして、もしかすると、それを読んだことが、今の自分に大きく影響しているのかもしれない…。そんな物語を集めた文学館形式の本。

メディアでも話題の一冊で話題沸騰の本ですので、気になったら是非↑よりチェックしてみて下さい。
読んだら忘れられない物語に出会えるおススメ本です。


宵イ茶屋文庫
住所:埼玉県蓮田市上2-3-22
アクセス:蓮田駅から徒歩約5分
タイプ:自由閲覧型
営業時間:
 月・火・土14:00~22:00
 金17:00~23:00
定休日:水曜日、木曜日、日曜日
オープン年:2022年

にほんブログ村 本ブログ 本・読書情報へ
にほんブログ村

書店ランキング

↑読書・書店のブログランキングに参加しています。よければクリックして応援してもらえると嬉しいです。
本やブックスポット好きな人は、他にも面白い本・読書ブログもいっぱいあるので、是非クリックして覗いてみてくださいね。

■他にもこんな記事もおススメです
・駒込「東洋文庫ミュージアム」で絶景本棚と貴重な展示を満喫
・早稲田「漱石山房記念館」文学の聖地に建てられた素敵建築をレポート
・渋谷「森の図書室」隠れ家のような本に囲まれた空間をレポート

タイトルとURLをコピーしました