神保町「天麩羅はちまき」江戸川乱歩も愛した老舗の天ぷら店をレポート

※当サイトではアフィリエイト・アドセンス広告を利用しています

今日は東京神保町にある老舗の天ぷら店、天麩羅はちまきを訪れてきましたので、その模様をレポートしたいと思います。

スポンサーリンク

1.神保町の片隅に佇む老舗の天ぷら店を訪問

今日訪れてたのは、このブログでも何度も紹介している本の街神保町です。

古くから多くの文学関係者や本好きに親しまれている神保町ですが、そんな神保町に江戸川乱歩をはじめとする多くの文学関係者に愛された老舗の天ぷら屋があると聞き、早速訪れてきました。

今回の目的地はである老舗天麩羅はちまきは、神田すずらん通りという神保町のメイン通りと言っても過言ではない通り沿いにあります。

はちまきはすずらん通りの中でも東側のエリア、現在建て替え工事の為閉館している三省堂書店神保町本店のすぐ斜向かいにあります。
私もこの通りは何度も通っているのですが、天麩羅はちまきのことは今回訪れるまで知りませんでした。

事前に調べてみるとお昼時には行列ができる人気店だそうで、今回訪れた際は開店時間である11時の15分前には現地につく万全の体制でスタンバイしてきました。

私が訪れたのは土曜日のお昼前でしたが、結論からいうと少し早く着き過ぎたようで、お店の前には誰もいなく、一番乗りでした。
少し安心して同じすずらん通りにある東京堂書店のディスプレイを見たりしながら時間を潰していると、10分前くらいから最初のお客さんが並び始めました。

慌ててお店の前に戻るとどんどんと人が増えていき、11時の開店時には7人ほどの行列となっていました。

行列を待っている間は、店先のメニューを見たり、店先に飾られた江戸川乱歩の映る写真を眺めたりして気持ちを高めます。
こちらの写真の白い服を着た男性がはちまきの創業者である青木寅吉氏で、その右側に映るのが江戸川乱歩です。
はちまきは1931年に創業し、神保町のこの場所へは戦後間もなくに移転してきたそうです。
ちなみに建物自体は、はちまき創業の少し前の1927年に建てられたもので、もうすぐ築100年になる貴重な近代建築でもあります。

青木寅吉氏は写真に映る東京作家クラブの支援者であり、その定期会合はこちらのはちまきの2階で行われていたそうです。

そうこうしているうちに、開店時間となりました。
きっかり11時に暖簾がかけられ、順番に中に案内されました。

2.ボリューム満点!絶品の穴子海老天丼を堪能

店内は手前にカウンター席、奥にテーブル席があり、見た目の間口からは想像できない奥行きがあるつくりとなっています。

建物自体は昭和初期に建てられた建物ですが、中は丁寧にメンテナンスされているようでかなりきれいな印象

席はテーブル席・カウンター席の両方があるので、夫婦や家族で来られている人からお一人様まで様々な人がみられました。
お客さんの年齢層はちょっと高めでしたが、特にランチの時間は若い人でも気軽に来れるようにかなりリーズナブルなお値段での提供となっていて、20代らしき人の姿もちらほらと見られました。

お品書きをみると、天丼、海老天丼、穴子海老天丼、天麩羅定食といったシンプルなメニューとなっています。
一番人気は乱歩も愛したという穴子海老天丼とのことなので、今日はこちらのメニューを頂くことにしました。

注文をして待っている間も、店内では天ぷらを揚げるジュウジョウといった景気のいい音が常に聞こえてきて、期待感が高まります。

待っている間に店内のインテリアを眺めていると、細かいところで遊びの効いた素敵な内装に気づきます。
内装はとてもシンプルですが、コントラストが効いたクリーム色の壁と濃い色の木や、凛としたまん丸の開口部、昭和らしさがありながらさり気なくおしゃれな照明などみていてとても楽しいです。

そうこうしているうちに、注文していた丼が到着。

想像以上にボリューミーで、ダイナミックな丼に驚きます。
穴子は丼の2倍位はありそうな大きさで、思わずテンションがあがります。

このボリュームでお味噌汁とお新香がついて1700円なので、価格としてはかなりお得です。
天ぷらからは仄かにごま油の香りが漂う、まさに老舗の江戸前天ぷらからとなっていて、香りだけでもごはんが食べられそうです 笑

天ぷらはサクサクした歯ごたえの中に、しっとりした優しさがあって、とっても美味しかったです。

この天ぷらを江戸川乱歩も食べていたのだと想像すると、なんだか不思議な気持ちになりますが、乱歩が夢中になる気持ちがよくわかりました。

香りと味も含めた老舗の天ぷらをたっぷりと堪能して、今日も大満足のブックスポット巡りとなりました。
とってもオススメのお店ですので、皆さんも機会があれば是非訪れてみてくださいね。

ちなみに文豪・作家が愛したグルメスポットについては、こちらの記事でも詳しく紹介していますので、興味のある方は是非合わせてご覧ください。
関連記事
・東京都内で味わえる文豪・作家が愛したグルメ10選

にほんブログ村 本ブログ 本・読書情報へ
にほんブログ村

書店ランキング

↑読書・書店のブログランキングに参加しています。よければクリックして応援してもらえると嬉しいです。
本やブックスポット好きな人は、他にも面白い本・読書ブログもいっぱいあるので、是非クリックして覗いてみてくださいね。

天麩羅はちまき
住所:東京都千代田区神田神保町1-19
アクセス:神保町駅から徒歩約3分
オープン年:1931年
営業時間:
月曜日~金曜日 11:00~15:30、17:00~21:00
土曜日・日曜日・祝日11:00~20:00
定休日:火曜日

■他にもこんな記事もおススメです
・早稲田「村上春樹ライブラリー」2021年にオープンした話題の施設をレポート
・日暮里「パン屋の本屋」ベーカリー併設の素敵な本屋をレポート
・椎名町「トキワ荘マンガミュージアム」生まれ変わった漫画の聖地をレポート

タイトルとURLをコピーしました